Research press release

海洋の鉄

Nature Geoscience

Ocean iron

Nature Geoscience(電子版)に発表される研究によれば、鉄を含んだ粒子の鉱物構成が海水への鉄の溶解度を決定しているとのことである。鉄は世界中の海洋の多くの地域で生物学的生産を刺激することができるが、それは鉄が容易に溶解できる形態で存在する場合に限られる。

A Schrothらは、乾燥した土壌、氷河の風化生成物、および石油の燃焼生成物から生じたエアロゾル中の鉄鉱物組成と溶解度を分析した。乾燥した土壌中の鉄で溶解しやすいものは1%以下だが、氷河生成物中の鉄は2~3%、および石油の燃焼生成物中の鉄は77%以上が溶解した。鉄の溶解度は鉄の化学的形態と直接関連性があることがわかった。

著者らは、砂漠と氷河の分布や化石燃料の燃焼の変化はエアロゾルの鉄溶解度に顕著な影響を及ぼして、それにより生物生産性と海洋炭素循環に影響を及ぼすと示唆している。

The mineral make-up of iron-containing particles determines their solubility in sea water, according to a study published online in Nature Geoscience. Iron can stimulate biological productivity in many regions of the world ocean, but only if it exists in a readily dissolvable form.

Andrew Schroth and colleagues analysed the solubility and mineral make-up of iron in aerosols derived from arid soils, glacial weathering products and oil combustion products. Less than 1% of the iron in arid soils was soluble, whereas 2-3% of the iron in glacial products and over 77% of the iron in oil combustion products dissolved. Iron solubility was directly linked to the chemical form of the iron.

The authors suggest that changes in the distribution of deserts, glaciers and fossil-fuel combustion could have a pronounced effect on aerosol iron solubility, and therefore on biological productivity and the ocean carbon cycle.

doi: 10.1038/ngeo501

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度