Research press release

古代の絶滅に雪玉地球はかかわっていなかった

Nature Geoscience

No role for Snowball Earth in ancient extinction

7億4000万年前に熱帯海洋で起きた広範な生物学的交代は表面の栄養素が増加したことと関連があるらしく、この考えは雪玉地球を否定するものである。Nature Geoscience(電子版)の研究は、多様なプランクトンの集合体が微生物の爆発的発生により取って代わった生物学的交代は、雪玉地球に関連した低緯度の氷河の始まりよりも1600万年前に起きていたことを示している。

S Porterらは、米国グランドキャニオンに露出していた岩石の試料を用いて、プランクトン交替の時期を再構築した。研究者は、その年代の堆積速度としては特別に速い値を示す岩石単位を選んで、局所的な絶滅に至った出来事の時間をこれまでにない精度で再構築した。

彼らの分析は海面近くの栄養素が増加した証拠を示しており、絶滅は岩石に現れた最初の氷河の証拠よりも数百万年前に起きていたことを示していて、この特別な出来事は雪玉地球により起きたという可能性を排除している。

A widespread biotic turnover in a tropical ocean 740 million years ago seems to be linked to an increase in surface nutrients an idea that rules out Snowball Earth. The study online in Nature Geoscience shows that the biotic turnover in which a diverse assemblage of plankton was replaced by a bacterial bloom preceded the onset of low-latitude glaciation associated with Snowball Earth by 16 million years.

Susannah Porter and colleagues reconstructed the timing of the plankton shift using samples from rocks exposed in the Grand Canyon of the United States. The researchers sampled a particular unit of rocks with uniquely high sedimentation rates for their age, which allowed them to create an unprecedented temporal reconstruction of the events leading up to the local extinction.

Their analyses show that the evidence for a rise in surface nutrients and the extinction appears millions of years before the first evidence of glaciers appeared in the rocks, ruling out Snowball Earth as the cause of this particular event.

doi: 10.1038/ngeo525

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度