Research press release

大チベット

Nature Geoscience

A greater Tibet

ヒマラヤ北西部の孤立した標高の高い平らな平面は、チベット高原の残滓の可能性がある、とNature Geoscience(電子版)の論文が示唆している。この平面は、過去4,000万年にわたり継続して存在していたようであり、高原がインドとアジア大陸の衝突後すぐに形成されたことを裏付けている。

P van der Beekらは、ヒマラヤ北西部とチベット高原西部の地形を研究し、チベット高原の西縁を超えて広く標高の高い地域があることを見つけた。彼らは、この平面が数千年間にわたり非常にゆっくりと浸食されたことを発見したが、これははっきりとしたヒマラヤ山脈の高峰とは対照的だが、チベット高原西部とは似ている。このチベット高原の浸食史との類似性は、過去に高原が現在の西側境界を越えて広がっていたことを示唆している。

大チベット高原は、おそらく2,000万年前に、ヒマラヤ山脈の変形が増大して排水系の分布を変え、高原への切り込みをもたらしたときに崩壊を始めたと考えられる。

Isolated high, flat surfaces in the northwest Himalaya may be remnants of the Tibetan plateau, suggests a paper online in Nature Geoscience. These surfaces seem to have persisted over the past 40 million years, confirming that the plateau formed soon after the India?Asia continental collision.

Peter van der Beek and colleagues studied the landscape of northwest Himalaya and the western Tibetan plateau, identifying broad, high regions beyond the western margin of the Tibetan plateau. They found that these surfaces had been eroded very slowly over tens of millions of years ? in marked contrast with prominent Himalayan peaks, but similar to the western Tibetan plateau. This similarity to the erosion history of the Tibetan plateau indicates that in the past, the plateau must have extended further than its current western boundary.

The greater Tibetan plateau probably began disintegrating around 20 million years ago, when Himalayan deformation intensified, altering drainage patterns and leading to incision of the plateau.

doi: 10.1038/ngeo503

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度