Research press release

ハリケーンの暴風の前触れとしての雷光

Nature Geoscience

Lightning as a harbinger of hurricane winds

ハリケーンが最大風速に達する前には、約1日間雷光活動が増加する、とNature Geoscience(電子版)に発表された。ハリケーン強度の進化は、正確な早期警報システムにとって極めて重要であるが、予測することは困難である。雷光活動は全球で監視することが簡単なので、ハリケーンの予測に強力なツールとなる可能性がある。

C Priceらは、2005~2007年に全球で発生した強いハリケーン(カテゴリー4と5)すべての風速の記録を、全球の雷光データと比較した。嵐の70%に対して、ハリケーンが来た地域の雷光活動が最大風速に達する前にピークとなり、55%では雷光活動とハリケーンの風速との間に、ピークに達する前の30時間で正の相関関係が存在した。

著者らは雷光データを研究することで、ハリケーンの強度が増大する過程を理解することに役立つと示唆している。

Peak winds in hurricanes are preceded by an increase in lightning activity by about one day, according to a study published online in Nature Geoscience. The evolution of hurricane intensity is extremely important for accurate early warning systems but has been difficult to predict. Lightning activity is easily monitored globally and could provide a powerful tool for hurricane forecasters.

Colin Price and colleagues tracked the wind speeds of all the severe hurricanes (category 4 and 5) around the globe from 2005 to 2007, and compared them with global lightning data. For 70% of the storms, lightning activity in the region of a hurricane peaked in advance of the highest wind speeds, and 55% showed a positive correlation between lightning activity and hurricane wind speeds at a fixed lead time of 30 hours.

The authors suggest that studying lightning data may help understand the processes that lead to hurricane intensification.

doi: 10.1038/ngeo477

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度