Research press release

酸性の海水中におけるムラサキイガイの長期にわたる生存

Nature Geoscience

Long-term mussel survival in acidic waters

海底火山近傍のムラサキイガイは極度に酸性の水が存在するにもかかわらず数十年にわたり棲息している、とNature Geoscience(電子版)に発表される。この発見は、大気中の二酸化炭素量の増加から予想される海洋酸化に対する生態系の応答を垣間見る機会を与えてくれる。

V Tunnicliffeらは、太平洋のマリアナ弧の一部である栄福火山でムラサキイガイを研究した。この熱水環境では液体の二酸化炭素が出現し、火山の近傍で海水を平均的な値から顕著により酸性にしている。比較のために、著者らは、より生息に適した海水中にすむ同じ種類のムラサキイガイも観察した。酸性の海水中におけるムラサキイガイの殻の厚さと成長速度は、より典型的な海洋条件下における殻の場合の約半分しかなかった。

ムラサキイガイの天敵であるカニは極度に酸性の環境では、おそらく棲息に適さないために存在していない。天敵がいないことで、ムラサキイガイは、殻が薄いにもかかわらず過去40年にわたり棲息することができたのかもしれない。

Mussels near a submarine volcano survived for several decades despite the presence of extremely acidic waters, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings provide a glimpse into an ecosystem's response to ocean acidification, as is expected from the rising levels of atmospheric carbon dioxide.

Verena Tunnicliffe and colleagues studied mussels on Eifuku volcano, part of the Mariana arc in the Pacific Ocean. Liquid carbon dioxide emerges in this hydrothermal setting and renders the water in the vicinity of the volcano significantly more acidic than average ocean water. For comparison, they authors looked at mussels of the same species in more amenable waters. The shell thicknesses and growth rates of the mussels in acidic waters were only about half that of shells in more typical ocean conditions.

Crabs ― mussels' natural predators ― were absent in the highly acidic setting, probably because of the inhospitable conditions. The lack of predators could have facilitated the mussels' survival over up to the past four decades despite their thin shells.

doi: 10.1038/ngeo500

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度