Research press release

深海の危険

Nature Geoscience

Dangers in the deep

海洋性の藻により生成される神経毒は、カリフォルニア沖の表層水から流出して、海洋深部に広がっている、とNature Geoscience(電子版)の研究が示している。

海洋上部におけるPseudo-nitzschia(羽状目珪藻)の大量発生は、世界中の沿岸生態系を脅かす可能性のある神経毒であるドーモイ酸を危険なレベルまで高濃度で生成する。C Benitez-Nelsonらは、大量のこの毒が、カリフォルニア海岸の深部まで沈み込み、深海の食物網に侵入することを示している。ある場合には、ドーモイ酸の濃度は米国連邦政府の基準の5倍以上にもなっている。

ドーモイ酸は人間では貝毒の中毒で記憶障害を引き起こし、1998年に400頭以上のカリフォルニアアシカが死んだように、海洋哺乳動物に大量死をもたらす出来事と関連がある。大規模なPseudo-nitzschiaの大量発生はまた、海岸の閉鎖と米国西部の貝類の養殖業に深刻な被害をもたらす。

A neurotoxin produced by marine algae is escaping from surface waters off California and invading the deep ocean, according to a study online in Nature Geoscience.

Blooms of the algae Pseudo-nitzschia in the upper ocean generate dangerously high levels of the neurotoxin domoic acid that threaten coastal ecosystems worldwide. Claudia Benitez-Nelson and colleagues show that large quantities of this toxin are sinking to depth off the coast of California, where it can invade deep-sea food webs too. In some cases, concentrations of domoic acid exceeded the United States federal limit by over five times.

Domoic acid causes amnesiac shellfish poisoning in humans, and is linked to mass mortality of marine mammals, including the deaths of over 400 California sea lions in 1998. Large Pseudo-nitzschia blooms have also caused beach closures and disruptions to the shell-fish industry in the western United States.

doi: 10.1038/ngeo472

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度