Research press release

34億6,000万年前に一時的に酸化していた海洋

Nature Geoscience

Temporarily oxygenated oceans 3,460 million years ago

鉄鉱物の小さな結晶であるヘマタイトは、34億6,000万年前に酸化した水塊が存在した証拠を提供している、とNature Geoscience(電子版)に報告される。この証拠は、光合成によって酸素を生成できる微生物がこの時代に存在したことを示しており、光合成微生物の疑いのない最古の化石の年代を約8億年も更新したことになる。

H Ohmotoらは、西オーストラリア、ジャスパー層で得られたヘマタイト鉱物粒の化学的特徴を分析した。その結果、現在のオーストラリア、ピルバラにかつて存在した初期海洋で発達した鉱物粒は、おそらく熱水流体と酸素を多く含んだ海水との相互作用の結果として形成されたことがわかった。研究グループは、少なくともその時点では酸化していたこの水塊の中には、光合成が可能な微生物は十分な数が存在していたことを示唆している。

Tiny crystals of the iron mineral haematite provide evidence for an oxygenated water body 3,460 million years ago, reports a paper online this week in Nature Geoscience. This evidence indicates that microorganisms capable of producing oxygen through photosynthesis were present at this time, predating the oldest unambiguous fossils of photosynthetic microbes by about 800 million years.

Hiroshi Ohmoto and colleagues analysed the chemical characteristics of grains of haematite found in a jasper formation of Western Australia. They found that the grains, which developed in an early sea that existed over what is now Pilbara, Australia, probably formed as the result of an interaction between hydrothermal fluids and oxygen-rich sea water. The group suggests that organisms capable of photosynthesis must therefore have been present in sufficient numbers to at least occasionally oxygenate this body of water.

doi: 10.1038/ngeo465

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度