Research press release

変動する気候における熱帯の降雨

Nature Geoscience

Tropical rainfall in a changing climate

熱帯大気が不安定になり始め、厚い雷雲が生成しやすくなる海水面温度の閾値は、海洋表面が温暖化するにつれて上昇することを示した報告が寄せられている。

N JohnsonとS-P Xieは、熱帯地域の降雨と海水面温度を記録している人工衛星データを解析し、過去30年間に海水面温度が10年ごとに0.1℃の割合で上昇したことを見つけた。彼らは、解析を進めて、サイクロンの形成地域、熱帯大気温度および降雨に影響を及ぼす深部対流に対する海水面温度の閾値を見積もった。この閾値は同じ割合で上昇しており、熱帯大気の安定性は気候変動によって影響を受けないことを示唆している。

The sea surface temperature threshold above which the tropical atmosphere becomes unstable and open to the formation of deep thunderclouds has risen in line with surface ocean warming, suggests a study published online this week in Nature Geoscience.

Nathaniel Johnson and Shang-Ping Xie analysed satellite data recording rainfall and sea surface temperatures in the tropics, and found that sea surface temperatures have risen by 0.1℃ per decade over the past 30 years. They went on to estimate the sea surface temperature threshold for deep convection which affects the regions of cyclone formation, tropical atmospheric temperature and rainfall. This threshold had risen at the same rate, suggesting that the stability of the tropical atmosphere has been unaffected by climate change.

doi: 10.1038/ngeo1008

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度