Research press release

氷河深層水の流れを測る

Nature Geoscience

Measuring glacial deep-water flow

2万年前の最終氷期極大期の間、北大西洋の表層水は深海へと沈み込み、今日と同程度の速さで海底に沿って南に流れていった。Nature Geoscience(電子版)に発表される新しい研究によれば、このような逆転する循環の強さが間欠的に減少したことは、急激な気候変動事件と関連していたらしい。

S Praetoriusらは、堆積物の粒径と海底に生息する微生物中の炭素同位体を解析して、過去2万5,000年間の北大西洋深層および中層水の流れの強度変動を評価した。その結果、流れの強度は周期的に減少しており、特に氷河期から間氷期へ変化するときに減少することがわかった。このような減少は、新ドリアス寒冷逆転期などの北半球の寒冷期と関連があった。研究チームは、流れの減少は8,200年前の最後の氷河流出とも関連があった可能性があることを発見した。

著者らは、底層水の流れ強度の減少は北大西洋の逆転循環が弱くなった急激な気候変動事件と関連があると示唆している。

During the Last Glacial Maximum 20,000 years ago, northern North Atlantic surface waters were sinking to depth and flowing south along the seafloor at comparable rates to today. According to a new study published online this week in Nature Geoscience, episodic reductions in the strength of this overturning circulation were associated with abrupt climate change events.

Summer Praetorius and colleagues analysed sediment grain sizes and carbon isotopes in bottom-dwelling microorganisms to assess changes in flow strength of North Atlantic deep and intermediate waters for the past 25,000 years. They found periodic reductions in the flow strength, particularly during the transition from glacial to interglacial conditions. These reductions were associated with Northern Hemisphere cooling events, such as the Younger Dryas cold reversal. The team also found a reduction in flow that may be linked to the final glacial outburst flood 8,200 years ago.

The authors suggest that episodic reductions in the strength of bottom water currents were associated with a decrease in North Atlantic overturning circulation and abrupt climate change events.

doi: 10.1038/ngeo227

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度