Research press release

窒素酸化物の集中するところ

Nature Geoscience

Nitrous oxide hot spots

世界中で最も大きい土地被覆種の1つである亜北極地域のツンドラ土壌は、温室効果ガスとなる可能性がある窒素酸化物を大量に放出することができる、とNature Geoscience(電子版)に発表された。これまで、このような木の生えていない土壌は、窒素酸化物の発生源としては無視できると考えられていた。

P Martikainenらは、北極圏にある半分凍った東ヨーロッパの泥炭地で、窒素酸化物の放出を測定した。植生のない泥炭部分は、農地や熱帯土壌からの放出に匹敵する量の窒素酸化物を放出していることがわかったが、これは、陸上の窒素酸化物放出源としては最大であると考えられる。彼らの野外調査のデータを北極地域全体に外挿すると、これらの泥炭裸地が地球温暖化にもたらす可能性は、北極域のメタン放出による地球温暖化の可能性の4%に達すると考えられる。

これらの発見は、亜北極域のツンドラ土壌に蓄えられた窒素が気候に与える影響を評価するときに、その量を考える上で重要となる。

Subarctic tundra soils, one of the largest land cover types in the world, can release significant quantities of the potent greenhouse gas nitrous oxide, according to a study published online in Nature Geoscience. Until now, these treeless soils were considered a negligible source of nitrous oxide.

Pertti Martikainen and colleagues measured nitrous oxide emissions in semi-frozen Eastern European peatlands located below the Arctic Circle. Vegetation-free patches of peat were found to emit quantities of nitrous oxide equivalent to emissions from agricultural and tropical soils, which are considered to be the largest terrestrial sources of nitrous oxide. Extrapolation of their field data to the whole of the Arctic suggests that the global warming potential of these bare peat-patches could amount to 4% of the global warming potential of Arctic methane emissions.

These findings suggest that it will be important to consider the amount of nitrogen stored in subarctic tundra soils when assessing their climatic impact.

doi: 10.1038/ngeo434

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度