Research press release

火星の氷の名残?

Nature Geoscience

Relicts of martian ice?

オポチュニティー探査車が発見した、火星にある謎の堆積物である「メリディアン・プラナム」は、古代にあった大量の氷の残骸である、とNature Geoscience(電子版)に発表される。氷の中の小さな袋には、大気中の塵と反応した薄い水の層があり、このような堆積物内で見つかる独特の化学組成を生成しうる酸性環境を維持できたのである。

P NilesとJ Michalskiは、メリディアン・プラナム堆積物の化学的、堆積学的、および地質学的性質を、マーズ・オポチュニティー探査車が得た情報を用いて分析した。彼らは、古代の氷(現在の火星極域にある氷冠と同じ大きさ)の中で起きた硫酸塩の生成と化学的風化が、その観測を最もよく説明できると示唆している。温暖な気候によって氷が昇華した後、残った堆積物がその化学的徴候を保ったのである。

メリディアン・プラナムがある地域は赤道の近くで、現在は大きな氷を維持することができない。著者らは、氷は古代の極が異なった場所にあったか、あるいは、火星の自転軸が現在の太陽の周りを公転する軌道に対する角度とは異なっていた時代に形成された可能性がある、と提案している。

The enigmatic ‘Meridiani Planum’ deposits on Mars ? found by the Opportunity rover ? could be remnants of a massive ancient ice-field, according to a study online in Nature Geoscience. Small pockets within the ice, where a thin film of water reacted with atmospheric dust, could have sustained an acidic environment capable of producing the unique chemical composition found in these deposits.

Paul Niles and Joseph Michalski analysed the chemistry, sedimentology and geology of the Meridiani Planum deposits using information obtained by the Mars rover Opportunity. They suggest that sulphate formation and chemical weathering occurring within an ancient ice-field ?? similar in size to the present polar ice caps on Mars ? is the best explanation for the observations. Once the ice sublimed away in a warmer climate, the remaining sediments kept their chemical signature.

The region of Meridiani Planum is near the equator and at present cannot sustain large ice-fields. The authors propose that the ice could have formed in ancient times, when the poles were in a different place or when the martian axis of rotation was at a different angle to its present-day orbit around the Sun.

doi: 10.1038/ngeo438

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度