Research press release

エアロゾルとその下の雲が温暖化をもたらす

Nature Geoscience

Aerosols and underlying clouds lead to warming

大気頂部で集められるエアロゾルは、その下に雲があるときには温暖化に対して大きな影響を及ぼす、とNature Geoscience(電子版)に発表される論文が示唆している。植物体の燃焼によって生成されるエアロゾルは、太陽放射を反射したり吸収したりすることで、地球の放射平衡に変化をもたらす。全体として温暖化になるか寒冷化になるかは、その下の表面の反射率に依存する。

D Chandらは、人工衛星データを用いて大西洋南東部の上に運ばれるエアロゾルの温暖化効果を定量化した。彼らは、エアロゾル層の下にひろがる雲の領域が大きいほど、エアロゾルが大気を加熱する割合も大きいことを発見した。この関係はほぼ線形で、エアロゾルが全体として寒冷化に働く状況から、全体として温暖化に働く状況に転換する臨界点を定義することを可能としている。彼らは、このエアロゾルとその下の雲との関係を考慮すると、地域的な温暖化はこれまで予測されていたものよりも3倍大きくなる、と見積もっている。

Aerosols that collect at the top of the atmosphere exert a greater influence on warming when there are clouds located beneath them, suggests a paper online in Nature Geoscience. Aerosols, such as those produced from biomass burning, can alter the radiative balance of the Earth by reflecting and absorbing solar radiation. Whether they exert a net warming or cooling effect depends upon the reflectivity of the underlying surface.

Duli Chand and colleagues used satellite data to quantify the warming effect of aerosols that were carried over the southeastern Atlantic Ocean. They found that the greater the cloud coverage below the aerosol layers, the more the aerosols warm the atmosphere. This relationship is nearly linear, making it possible to define a critical point where aerosols switch from exerting a net cooling effect to a net warming effect. They estimate that when this relationship between aerosols and underlying clouds is taken into account, regional warming is three times greater than otherwise predicted.

doi: 10.1038/ngeo437

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度