Research press release

未来の海は酸素が少ない?

Nature Geoscience

Future oceans low in oxygen?

連続した多量の温室効果ガスの放出は、長期的には全球の海洋で酸素の枯渇をもたらし、数千年後に魚などの海洋動物に深刻な負の効果をもたらす可能性がある。

G Shafferらは、人類起源の温室効果ガスの放出が複雑性の低い地球システムモデルに対して、10万年後にもたらす効果をシミュレーションした。彼らは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)で使われた、緩やかな放出と多量の放出の、2つの放出シナリオを評価した。彼らのシミュレーションでは、海洋表面で、主に温暖化に応答してガスの海水への溶解度が減少することを通して酸素が失われる。しかしながら、現在の気候では酸素を含んだ表層水が深部へもたらされるのに比べて、海洋全体の循環が緩やかになる結果として、海洋深部も同様に影響を受ける。

研究者は広範な海洋酸素の枯渇を防ぐために、今後数世代にわたり化石燃料の利用を大幅に少なくする必要があると結論している。

Continuously high greenhouse gas emissions could lead to long-term oxygen depletion in the global ocean, potentially with significant negative effects on fish and other marine animals for thousands of years.

Online in Nature Geoscience this week, Gary Shaffer and colleagues simulate the effects of human-induced greenhouse gas emissions with a low-complexity Earth system model for 100,000 years into the future. They evaluate two emissions scenarios ? moderate and high emissions ? used by the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC). In their simulations the surface ocean loses oxygen mainly in response to warming, through a decrease in the solubility of the gas in seawater. However, the deep ocean is also affected ? a result of a slower overturning circulation, compared with today’s climate, which brings oxygenated surface waters to depth.

The researchers conclude that substantial reductions in fossil-fuel use over the next few generations are needed to avoid extensive ocean oxygen depletion.

doi: 10.1038/ngeo420

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度