Research press release

さらに古い酸素の起源?

Nature Geoscience

Older origin of oxygen?

海洋中の遊離酸素は、少なくとも2億年前に地球大気が酸素に満たされる前に存在していたとの報告が、Nature Geoscience(電子版)に発表される。この発見は、光合成により酸素を生成することができる生物が、23億年前に大気中に酸素が蓄積されるようになるよりも何億年前に現れていたことを示唆する、これまでの議論をよんだ研究を支持することとなっている。

L GodfreyとP Falkowskiは、南アフリカで得られた20億~30億年前の年代をもつ岩石中に保存された有機物の窒素同位体を用いて、古代の窒素循環を再現した。彼らは、遊離酸素が存在したときのみに起きる窒素循環の証拠を見つけたが、それは約27億年前に始まり、25億年前には確実に存在することを示す証拠があった。

著者らは、酸素を生成する生物は少なくとも25億年前には進化しており、酸素が海洋中で利用可能なってから地球初期大気中が満たされるまでには2億~3億年の遅れがあった、と結論付けている。

The presence of free oxygen in the oceans occurred at least 200 million years before oxygen began to build up in the Earth's atmosphere, reports a paper online in Nature Geoscience. This finding supports previous controversial studies that have suggested that organisms capable of producing oxygen through photosynthesis appeared hundreds of millions of years before the accumulation of free oxygen in the atmosphere 2.3 billion years ago.

Linda Godfrey and Paul Falkowski reconstructed the ancient nitrogen cycle using nitrogen isotopes from the organic matter preserved in two- to three-billion-year-old rocks from South Africa. They found evidence of nitrogen cycles that could have taken place only in the presence of free oxygen, beginning about 2.7 billion years ago, with definitive evidence appearing 2.5 billion years ago.

They conclude that oxygen-producing organisms had evolved by at least 2.5 billion years ago, and that there was a few-hundred-million-year delay between the time oxygen was available in the oceans and its build-up in the early Earth's atmosphere.

doi: 10.1038/ngeo633

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度