Research press release

寒い季節のオゾン生成

Nature Geoscience

Cold season ozone production

昨年の冬、米国内で異常に高濃度のオゾンが地表付近で観測されたが、その原因が異常な気象条件だったことを明らかにした研究論文がNature Geoscience(電子版)に掲載される。人間の健康に対する大きな脅威となっている地表でのオゾン生成は、これまで、夏の現象だと考えられていた。

今回R Schnellらは、大気中の化学パラメータの記録と気象データセットを用いて、昨年2月に米国ワイオミング州の天然ガス田付近で極端に高レベルの地表オゾンが観測された原因を解明した。すなわち、天然ガス田から放出されたオゾン先駆物質が、強い温度逆転によって地表付近に閉じ込められ、行き場がなくなって蓄積したために、大量のオゾンが生成されたのだった。温度逆転とは、暖かい空気の層が冷たい空気の層の上に横たわり、蓋のように作用することをいう。

Schnellらは、冬季にオゾン生成が起こる地域がワイオミング以外にも存在する可能性があるとする見方を示して、警告している。

Unusual meteorological conditions were responsible for the abnormally high concentrations of surface ozone observed last year during winter in the US, according to a study published online in Nature Geoscience. Ozone production at the Earth’s surface, which is a significant threat to human health, was previously considered to be a summer phenomenon.

Russell Schnell and colleagues used atmospheric chemistry records and meteorological datasets to find the cause of excessively high levels of surface ozone near a gas field in Wyoming in February last year. They discovered that ozone precursors released from the gas field became trapped at the Earth’s surface due to strong temperature inversions, in which warm air overlies cold surface air and acts as a lid. The build-up of ozone precursors with nowhere to go resulted in high levels of ozone production.

The authors warn that there may be other areas around the world that also produce ozone during winter.

doi: 10.1038/ngeo415

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度