Research press release

熱帯の火山噴火は熱帯の寒冷化を起こす

Nature Geoscience

Tropical volcanic eruptions drive cooling in the tropics

過去450年間にわたって、熱帯地方の火山から噴出されるガスとエアロゾルは噴火後に熱帯の海面水温を降下させた、とNature Geoscience(電子版)の研究が示している。同様な関連性は北半球高緯度地方でもみられるが、熱帯で一貫したパターンが観測されたのは初めてである。

R D'Arrigoらは、珊瑚と年輪に記録された温度のデータをインド洋と太平洋にわたって収集した。1815年に起きたインドネシアのタンボラ火山噴火の後で寒冷化が起きたことはよく知られているが、低緯度地域で起きたほとんどの火山噴火とその後に起きた海面水温の低下との間には、明瞭な相関がみられた。研究チームは、噴火と海面水温の低下との関連性は、熱帯の温度が地球表面に到達する太陽光の量に敏感であることを際だたせていると結論している。

Over the past 450 years, the aerosols and gases emitted from volcanic eruptions in the tropics have caused tropical sea-surface temperatures to cool for years after the eruption, according to a study online in Nature Geoscience. Although a similar relationship has been observed in the high northern-latitudes, this is the first time a consistent pattern has been observed in the tropics.

Rosanne D’Arrigo and colleagues compiled temperature records from corals and tree rings throughout the Indian and Pacific oceans. Like the well-known cooling that followed the 1815 Tambora eruption in Indonesia, a clear correlation was found between the most explosive volcanic eruptions at low latitudes and decreased sea-surface temperatures in the following years. The team concludes that the relationship between eruptions and sea-surface cooling highlights the sensitivity of tropical temperatures to the amount of sunlight reaching the Earth’s surface.

doi: 10.1038/ngeo393

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度