Research press release

熱帯の窒素固定

Nature Geoscience

Tropical nitrogen fixation

これまで考えられていたようにリンではなくモリブデンが土壌中で利用可能であることが、熱帯雨林に対する天然の窒素の入力を制約していると、Nature Geoscience(電子版)に発表された研究が示している。

微生物による窒素固定として知られる生態系への窒素の主要な入力は植物生長と、地域的から全球的な炭素循環に影響を与えている。L Hedinらは、パナマの森林で得られた土壌を、モリブデン、モリブデンで汚染されたリン酸肥料、モリブデンを含まないリン酸でそれぞれ処理した。その結果、モリブデンで処理した土壌で自由に生息するバクテリアによる窒素固定が顕著な増加を示すことを発見した。リン酸のみでは窒素固定には何ら影響はなく、このことはこれまでの考えと矛盾する結果である。

The availability of molybdenum in soils, and not phosphorous as previously thought, may be limiting the natural input of nitrogen into tropical forests, according to a study published online in Nature Geoscience.

The primary natural input of nitrogen into ecosystems, known as bacterial nitrogen fixation, influences plant growth and carbon exchange from local to global scales. Lars Hedin and colleagues treated soils from a Panamanian forest with molybdenum, phosphorous fertiliser contaminated with molybdenum, and molybdenum-free phosphorous. They find that soils treated with molybdenum show a sharp increase in nitrogen fixation by free-living bacteria. Phosphorous alone has no effect on nitrogen fixation, a result that contradicts current thinking.

doi: 10.1038/ngeo366

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度