Research press release

雪玉地球か凍らない海か?

Nature Geoscience

Snowball Earth or open oceans?

「雪玉地球」の考えによれば、6億年以上前に、かなり長い間にわたって地球全体が凍結していたという。そのようなことはなかったと、この問題について、これまでの研究を検証したNature Geoscience (電子版)の概説論文が結論づけている。

P AllenとJ Etienneは、低高度の氷河が低緯度に達した極めて厳しい寒冷気候の特徴をもつ、約8億4,000年前から6億3,500万年前のクリオジェニアン紀を調べた初期の研究を評価した。研究者は、雪玉地球仮説とは逆に、この時期から得られた堆層の証拠は地球上の水循環が継続して活動していたことを示しており、海洋が完全に氷で閉ざされていたという考えと矛盾すると結論づけた。

海洋のかなりの部分が氷で閉ざされていたわけではないと結論できると、生命の生存と多様性および地球の炭素循環の理解に対して重要な結果をもたらすことになる。

According to the ’Snowball Earth’ concept, the entire globe was frozen for extended intervals more than 600 million years ago. Not so, concludes a review article online in Nature Geoscience that examines earlier work on the topic. Philip Allen and James Etienne evaluate earlier studies that investigated the Cryogenian period, approximately 840 to 635 millions of years ago, which was characterized by exceptionally severe periods of icehouse climate when low-altitude glaciers reached the low latitudes. The researchers conclude that, contrary to the Snowball Earth concept, the sedimentary evidence from this time points to a continuously active water cycle on Earth, which is inconsistent with the idea of oceans that were completely sealed by ice. Determining whether substantial parts of the oceans remained ice-free has important consequences for our understanding of the survival and diversification of life and Earth’s carbon cycle.

doi: 10.1038/ngeo355

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度