Research press release

ニューオリンズの教訓

Nature Geoscience

Lessons from New Orleans

人口密度の高い海岸地域は、ハリケーン活動が増加するかどうかにかかわらず、熱帯サイクロンの破壊的効果の影響を受けやすくなるだろう、とNatureGeoscience(電子版)のCommentaryで示唆されている。海水面が上昇するにつれて世界中の都市はハリケーン・カトリナの後のニューオリンズから有益な教訓を学ぶことができるだろう。

T TornqvistとD Meffertは、海岸線と湿地帯の保全、低高度の海岸で都市の成長を限定すること、海岸沿いの町をより危険性の少ない地域に集中させること、さらに壊れた家をより頑丈なものに建て替えることなどはすべて海岸地帯において安全性を高めることに貢献すると述べている。

Densely populated coastal areas will become more vulnerable to the damaging effects of tropical cyclones, regardless of whether hurricane activity increases, suggests a Commentary online in Nature Geoscience this week. As sea levels rise, cities around the world could learn useful lessons from New Orleans following hurricane Katrina.

Torbj?rn T?rnqvist and Douglas Meffert suggest that preserving protective shorelines anで wetlands, limiting the growth of urban centres on low-elevation coasts, concentrating the inhabitants of seaside cities in the least threatened areas and rebuilding destroyed housing in a more resilient fashion could all contribute to enhanced safety at the oceans’ shores.

doi: 10.1038/ngeo365

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度