Research press release

雪表面から生成しオゾンを減少させる臭素

Nature Geoscience

Ozone-depleting bromine sourced from surface snow

極域の春季における北極大気に対して表面の雪は臭素化学物質生成源として働く、という報告が、オンライン版に掲載される。この発見は、表面の雪は極域の日の出後に北極域大気中のオゾン層破壊に寄与することを示唆している。

Kerri Prattたちは、アラスカの様々な氷表面での臭素生成能力を評価した。彼らは、1年目の海氷とツンドラに降り積もった雪は大量の臭素を放出するが、それは太陽光の存在下においてのみであることを見つけた。彼らは、この太陽光が引き起こす雪表面での臭素生成は極域大気中オゾン層を一時的に減少させると示唆している。

関連するNews&Viewsの記事でJon Abbattは「この発見は氷表面から放出されるハロゲンは極域オゾン減少を説明できるという示唆により確信を与えるものだ」と述べている。

Surface snow serves as a source of the chemical bromine to the Arctic atmosphere in polar spring, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that surface snow contributes to the destruction of atmospheric ozone in the Arctic following polar sunrise.

Kerri Pratt and colleagues assessed the potential for bromine production from various icy surfaces in Alaska. They find that snow that accumulates on first-year sea ice and tundra releases significant quantities of bromine, but only in the presence of sunlight. They suggest that this sunlight-induced production of bromine in surface snow contributes to the episodic depletion of atmospheric ozone at the poles.

In an accompanying News and Views article, Jon Abbatt says that the “findings lend much more confidence to the suggestion that halogens released from icy surfaces help to explain polar ozone depletion events”.

doi: 10.1038/ngeo1779

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度