Research press release

人類起源エアロゾルにより形成される珊瑚成長

Nature Geoscience

Coral growth shaped by anthropogenic aerosols

人間活動により生成された微粒子の大気中への濃縮は20世紀後半にカリブ海の珊瑚成長を形成したという報告が今週オンライン版に掲載される。この発見は、エアロゾル由来の地域的な気候変動が珊瑚の成長を支配する重要な要因であることを示唆している。

Lester Kwiatkowskiらは、1880年から2000年の間にカリブ海の二つの地点で珊瑚の成長変化を駆動した要因を、観測データとモデルシミュレーションを用いて評価した。1950年から現在に向かっては珊瑚成長の変動は海面水温変動と、人類起源のエアロゾル放出により起きる入射太陽光の変動と一致している。研究者等は、将来のカリブ海の珊瑚成長を予測する上で微粒子は温室効果ガス放出と海洋酸性化と共に考慮されるべきであると示唆している。

Concentrations of fine particles in the atmosphere that are generated by human activities shaped coral growth in the Caribbean in the latter half of the twentieth century, reports a study published online in Nature Geoscience. The findings suggest that aerosol-induced changes in regional climate are a key control on coral growth.

Lester Kwiatkowski and colleagues assessed the drivers of changes in coral growth at two sites in the Caribbean between 1880 and 2000, using observational data and model simulations. From 1950 onwards, variations in coral growth coincided with fluctuations in sea surface temperatures and incoming sunlight, in turn generated by the emission of anthropogenic aerosols. The researchers suggest that fine particles should be considered alongside greenhouse gas emissions and ocean acidification in projections of future Caribbean coral growth.

doi: 10.1038/ngeo1780

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度