Research press release

風に抵抗する海流

Nature Geoscience

Wind-resistant ocean currents

南洋全体の循環(表層水を海洋底に引き込み、深層水を南極近くで表層に上昇させる過程)の強度は、過去数十年にわたる風力の強化によって大きく影響を受けたことはないとする研究成果が、Nature Geoscience(電子版)に発表される。将来、風成循環が強くなることは二酸化炭素を大気から除去して深海へ送る過程を止めるメカニズムとして示唆されている。

C Boningらは、Argoフロート測定機器観測網で得られたデータを、南洋の過去の海洋学的データとあわせて解析した。彼らは、最近の数十年間は、南極周極海流の水温は上昇しており、塩分濃度は下がっていることを発見した。その結果生じる水密度の空間分布から、彼等は南極周極海流の強度も全体の循環も、最近南緯30度から60度の間の西風が強くなったことで影響を受けていることはないと結論した。

研究者は、これまでの海洋モデルの大部分では解像度がなかった小規模渦の活動が風の変化を相殺させ、海洋循環を安定化させていると結論づけている。

The strength of Southern Ocean overturning circulation ? a process that draws surface waters down to the ocean’s abyss and deep waters up to the surface near Antarctica ? has not been significantly affected by intensifying wind strength over recent decades, a study online in Nature Geoscience reports. A possible future intensification of the wind-driven circulation had been suggested as a mechanism that could inhibit the removal of carbon dioxide from the atmosphere into the deep ocean.

Claus B?ning and colleagues analysed data from the Argo network of floating measurement instruments along with historical oceanographic data from the Southern Ocean. They found that the water in the Antarctic Circumpolar Current has become warmer and less salty over recent decades. From the resulting spatial distribution of water density, they conclude that neither the strength of the Antarctic Circumpolar Current nor of the overturning circulation were affected significantly by the recent strengthening of the westerly winds between 30 and 60? S.

The researchers conclude that the action of small-scale eddies, which are not resolved in most of the earlier ocean models, counteract any wind changes and stabilise the ocean circulation.

doi: 10.1038/ngeo362

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度