Research press release

温暖化は南極海氷を保存する

Nature Geoscience

Warming preserves Antarctic sea ice

直感とは逆に、気候温暖化は南極海氷を拡大しているという報告が、今週号に掲載される。解析結果は、南極棚氷の下にある融解水から生じた温度の低い淡水が、沿岸の海氷をその下の海洋によって加熱されないように断熱する効果があり、この負のフィードバックは将来にわたり継続すると予想している。

Richard Bintanjaたちは南極棚氷の底部で加速した融解により生じた水が南極周辺の海洋表層に蓄積されていることを示す海洋観測を提示している。気候モデルを用いて、彼らは南半球の秋季と冬季に温度の低い表層の淡水層の発達に応答して海氷が拡大していることを示した。彼らは、南洋の海氷を保存するだけでなく、南極周辺で海洋表層の温度が低いことは大陸の降雪量を減少させることになると示唆している。

Counter-intuitively, climate warming has led to Antarctic sea ice expansion, suggests a study published online in Nature Geoscience this week. The analysis suggests that cool freshwater derived from melt beneath the Antarctic ice shelves has insulated offshore sea ice from the warming ocean beneath - a negative feedback effect that is expected to continue into the future.

Richard Bintanja and colleagues present oceanographic observations showing that water originating from accelerated melting at the base of the Antarctic ice shelves has accumulated in the surface ocean around Antarctica. Using a climate model, they showed that sea ice expands during southern hemisphere autumn and winter in response to the development of this fresh, cool surface layer. They suggest that, as well as preserving southern sea ice, cool sea surface temperatures around Antarctica could also reduce snowfall on the continent.

doi: 10.1038/ngeo1767

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度