Research press release

ゴールドラッシュ

Nature Geoscience

Gold rush

地震が起きたときにほぼ瞬間的に地球の地殻内に金が堆積しうるという論文が今週掲載される。したがって、繰り返し起きる地震は利益が出る品質の金鉱床を形成しうることになる。

Dion WeatherleyとRichard Henleyは数値モデルを用いて、地震の後に地殻内で液体に満たされた空隙で起きる事象をシミュレーションした。彼らは、地震によって岩石が引き離されることにより空隙内で圧力が下がると、液体が急速に膨張して気化することを示している。それまで液体に溶けていた金は、ほぼ直ちに沈殿して小さな金鉱床を形成し、それが連続する地震によって成長していくのである。

Gold could be deposited in Earth’s crust almost instantaneously during earthquakes, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Repeated earthquakes could therefore lead to the build up of economic-grade gold deposits.

Dion Weatherley and Richard Henley use a numerical model to simulate events in fluid-filled cavity in the crust following an earthquake. They show that a drop in pressure within the cavity, generated by an earthquake splitting the rocks farther apart, would cause the fluid to rapidly expand and vaporize. Any gold that was previously dissolved in the fluids would precipitate almost immediately, creating small gold deposits that build up during successive earthquakes.

doi: 10.1038/ngeo1759

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度