Research press release

氷と鉄

Nature Geoscience

Ice and iron

グリーンランド氷床は北大西洋への微量栄養素としての鉄の顕著な供給源となりうるという報告が、今週オンライン版に掲載される。この供給源の大きさは、温暖化が進んだ世界で氷床融解が拡大するにつれて増加すると思われる。

Maya Bhatiaたちはグリーンランド氷床西縁で放出される融解水の鉄濃度を測定した。彼らは、融解水中に大量の生物学的に利用可能な鉄が存在すると報告している。この発見をグリーンランド氷床全体に拡大して、彼らはこれまで北大西洋の主要な鉄供給源と考えられてきた大気塵と同じ程度の鉄をこの地域に供給可能であると示唆している。

関連するNews and Viewsの記事でRob Raiswellは、彼らが「グリーンランド氷床の融解水は氷の下を通って海洋へ向かう際に大量の生物利用可能な鉄を集めていることを示した」と述べている。

The Greenland ice sheet could serve as a significant source of the micronutrient iron to the North Atlantic Ocean, reports a study published online in Nature Geoscience this week. The magnitude of this source is likely to increase as the melting of the ice sheet escalates in a warming world.

Maya Bhatia and colleagues measured the concentration of iron in meltwater draining the western margin of the Greenland ice sheet. They report significant quantities of biologically available iron in the meltwaters. Scaling up their findings to the entire Greenland ice sheet, they suggest that it could deliver as much iron to the North Atlantic as atmospheric dust, previously thought to be the main source of iron to the region.

In an accompanying News and Views article, Rob Raiswell says they “show that meltwaters of the Greenland ice sheet pick up significant quantities of bioavailable iron beneath the ice en route to the ocean.”

doi: 10.1038/ngeo1746

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度