Research press release

極端な降雨

Nature Geoscience

Precipitation extremes

世界中で乾季と雨季との間の降雨の違いが過去30年間に増大したと、今週のオンライン版に発表された論文が報告している。

Chia Chouたちは降雨の季節変化を調べるために1979年から2010年にわたる全球の降雨データを解析した。彼らは、雨季の雨量が増加し乾季は減少する傾向があることを見つけたが、いくつかの気候モデルによれば、この傾向は主に雨季に雨量が増加することで決まることも分かった。

著者たちは、より極端な季節的降雨サイクルは、将来に全体の降雨量は一定のままであったとしても、干ばつと洪水の頻度と関わりがあることを指摘している。

The difference in precipitation between wet and dry seasons worldwide has increased over the past three decades, reports a paper published online this week in Nature Geoscience.

Chia Chou and colleagues analysed global precipitation data spanning 1979-2010 for changes in seasonal precipitation. They found a trend towards wet seasons becoming wetter and dry seasons becoming drier - in accordance with some climate models - but also that the trend is largely defined by an increase in precipitation during wet seasons.

The authors point out that a more extreme seasonal precipitation cycle could have implications for drought and flood frequency, even if the overall amount of precipitation remains steady in the future.

doi: 10.1038/ngeo1744

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度