Research press release

ヨーロッパの霧は晴れる傾向に

Nature Geoscience

Fog lifts over Europe

過去30年間にヨーロッパでの霧、もや、煙霧が減ってきていることを明らかにした研究がNature Geoscience(電子版)に発表される。こうした大気の清浄化は、ヨーロッパでの急速な地域的温暖化に寄与した可能性がある。

R Vautardらは、ヨーロッパ全域の342カ所の測候所から集められた水平視程のデータを解析し、過去30年間で、視程障害事象の発生頻度が減少したことを見いだした。霧、もや、煙霧が発生すると、地表に到達する日射量が減少するため、大気の清浄化が気温上昇の原因になっているとも考えられる。Vautardらは、統計解析を用い、視程障害現象が減ったことが、ヨーロッパの温暖化傾向に約10~20%寄与した可能性があると見積もっている。

ヨーロッパで霧が減る傾向は、2000年以降、鈍化している。Vautardらは、既に達成されている大気環境の改善を前提として、視程障害現象の頻度が今後さらに安定化する可能性が高いとする見方を示している。

Fog, mist and haze have been declining in Europe for the past 30 years, a study online in Nature Geoscience shows. This clearing of the air could have contributed to the rapid rate of regional warming in Europe.

Robert Vautard and colleagues analysed horizontal visibility data from 342 meteorological stations across Europe and found that the frequency of low-visibility events has declined over the past three decades. Because the occurrence of fog, haze or mist reduces the solar radiation that reaches the Earth’s surface, the clearer air may have caused a rise in temperatures. Using statistical analysis, the authors estimate that the reduction in low-visibility phenomena could have contributed around 10?20% of the European warming trend.

The decline in European fog has slowed since 2000, and the authors suggest that the frequency of low-visibility phenomena is likely to be further stabilized given the improvements in air quality that have already been achieved.

doi: 10.1038/ngeo414

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度