Research press release

インド洋の下にある古代微小大陸

Nature Geoscience

An ancient micro-continent beneath the Indian Ocean

古代微小大陸の断片はインド洋海底下に保持されていたと、今週オンライン版に発表された研究が報告している。この発見は、インド洋の海底が成長するにつれて微小大陸は分裂していったことを示唆している。

Trond Torsvikたちは西インド洋モーリシャス諸島で海岸の砂の化学組成を調べた。砂は、9百万年前に噴出した火山岩の浸食により形成されたものだったが、研究者は砂の中に、6億6千万年前から19億7千万年前の年代を持つ古代のジルコン鉱物を発見した。研究者等はジルコンは島の下にある古代微小大陸の断片を指し示しており、最近の火山活動により地表にもたらされたものであると示唆している。

Fragments of an ancient micro-continent could be preserved beneath the floor of the Indian Ocean, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that the micro-continent broke up and dispersed as the Indian Ocean basin grew.

Trond Torsvik and colleagues examined the composition of beach sands on the island of Mauritius in the western Indian Ocean. The sands formed from the erosion of volcanic rocks that erupted 9 million years ago, yet the researchers found within the sands ancient zircon minerals, aged between 660 and 1,970 million years old. They suggest that the zircon points to the existence of fragments of an ancient micro-continent beneath the island, pieces of which were brought to the surface by recent volcanic activity.

doi: 10.1038/ngeo1736

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度