Research press release

地下氷河湖からの放出に伴う南極氷河の速い流出速度

Nature Geoscience

Fast flow in Antarctic outlet glacier during drainage of subglacial lakes (N&V)

東南極から流出する大規模な氷河の流速が、2つの地下氷河湖の洪水に応答して約10%増加した、とNature Geoscience(電子版)の論文が報告している。この加速は、2005年12月~2007年2月の14カ月にわたり大陸から海洋に失われる氷が増加したことに関連している。

L Stearnsらは、東南極のビルド氷河に沿った48年間にわたる氷の速度の記録と人工衛星による氷の表面高度を結びつけて、2005年12月~2007年2月の間に氷の流速が顕著に増加したことを発見した。これは、約200 km上流で氷の表面高度が急速に変化した時期と一致しており、彼らは2つの地下氷河湖で流入と放出があったと解釈している。

関連するNews & Viewsで、H A Frickerは次のように書いている。「この極めて重要な論文は、水と氷の流れのパズルを解くためにこれまで失われていたピースを与えてくれる。それは、地下氷河湖の洪水が氷河を加速させるという直接的証拠である」。

The flow rate of a large outlet glacier in East Antarctica increased by about 10% in response to the flooding of two subglacial lakes, reports a paper online in Nature Geoscience. This acceleration is associated with an increase in ice loss from the continent into the ocean over the 14 months between December 2005 and February 2007.

Leigh Stearns and colleagues combined a 48-year record of ice velocities along Byrd Glacier, East Antarctica with satellite observations of ice surface elevation and found a marked increase in ice flow speed between December 2005 and February 2007. This coincides with rapid changes in ice surface elevation about 200 km upstream, which they interpret as the filling and draining of two subglacial lakes.

In an accompanying News & Views article, Helen Amanda Fricker writes that, “Their pivotal paper provides the piece in the water?iceflow puzzle that had been missing so far: direct evidence for glacier acceleration as a result of subglacial floods.”

doi: 10.1038/ngeo356

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度