Research press release

極域の嵐が海洋循環に拍車をかける

Nature Geoscience

Polar storms spur ocean circulation

大西洋最北部における極域の嵐は、ほとんどの気候モデルでは小さすぎ、また短命であるために分析できていないが、北大西洋の逆転循環に大きな影響を及ぼしていることが示された。このような嵐の頻度は地球が温暖化するにつれて減少すると予想されているので、海洋循環は現在の気候モデルで予測されているよりも弱くなる可能性がある。

Alan CondonとIan Renfrewは海洋海氷モデル・シミュレーションで、海洋循環に極嵐がもたらす効果を含めたものと含めないで走らせたモデルとを比較した。彼らは、極嵐の効果を考慮に入れた場合は、北大西洋の主要な循環流路に沿ってより多くの水が輸送されることを示した。彼らは、毎年北大西洋の北部地域を横切る極域の低気圧システムが数千個あるので、その影響は気候予測モデルに考慮される必要があると結論している。

Polar storms in the northernmost Atlantic region, which are too small or short-lived to be resolved by most climate models, significantly affect the overturning circulation of the North Atlantic Ocean, according to research published online in Nature Geoscience. Because the frequency of these storms is expected to decline as the planet warms, ocean circulation may weaken more than projected by the current climate models.

Alan Condron and Ian Renfrew compared ocean-sea-ice model simulations that included the effects of polar storms on the ocean circulation with model runs without these effects. They show that more water is transported along the main circulation pathways of the North Atlantic when the effects of the polar storms are taken into account. They conclude that the impact of the thousands of polar low-pressure systems that traverse the northern parts of the North Atlantic Ocean each year need to be considered in climate-prediction models.

doi: 10.1038/ngeo1661

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度