Research press release

暁新世-始新世高温極大期の説明できない温暖化

Nature Geoscience

Unexplained warming during the Palaeocene-Eocene Thermal Maximum

5,550万年前の急激な温暖化事件の際に放出された炭素量は、当時の気温を5~9℃上昇させるには不十分だったとする報告が、Nature Geoscience(電子版)に寄せられている。その研究は、大気中の二酸化炭素による温室効果は、現在まだ理解されておらず、将来の温暖化の見積もりには考慮されていない過程によって大きく増幅されたにちがいないことを示唆している。

R Zeebeらは、海洋堆積物の分析と炭素循環モデルを用いて、約10万年続いた暁新世-始新世高温極大期において放出された二酸化炭素量を見積もった。彼らは、大気中二酸化炭素レベルの増加に対する気候感度の現在の推定値を用いると、炭素放出は温暖化のうちの3.5℃までしか説明できないことを見いだした。彼らは、未知の温暖化フィードバックが温度上昇の残りの部分を引き起こしたと結論している。

関連したNews & ViewsでD Beerlingは、「Zeebeらの結論は、将来の温暖化に対する予測は、温室効果ガスが大気中に蓄積されるにつれて人類に降りかかろうとしている問題の大きさを、大きく過小評価している可能性があることを示している」と述べている。

The amount of carbon released during an abrupt warming event 55.5 million years ago was insufficient to cause the 5-9 C temperature rise at the time, as reported online this week in Nature Geoscience. The study suggests that the greenhouse effect of the atmospheric carbon dioxide must have been amplified substantially by processes that, at present, are not understood, or taken into account in estimates of future warming.

Richard Zeebe and colleagues used analyses of marine sediments and a carbon-cycle model to estimate the amount of carbon dioxide released during the Palaeocene-Eocene Thermal Maximum, which lasted for about 100,000 years. They found that, using current estimates of climate sensitivity to increasing levels of atmospheric carbon dioxide, the carbon release could only explain up to 3.5 C of the warming. They concluded that as yet unknown warming feedbacks must have caused the additional rise in temperature.

In the accompanying News & Views article, David Beerling writes "The upshot of the study by Zeebe and colleagues is that forecasts of future warming could be severely underestimating the extent of the problem that lies in store for humanity as greenhouse gases accumulate in the atmosphere."

doi: 10.1038/ngeo578

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度