Research press release

殻を持つ海洋生物に腐食の徴候

Nature Geoscience

Shelled sea creatures show signs of corrosion

南洋の生きた軟体動物の殻は厳しい溶解の徴候を示しているという報告が、今週、Nature Geoscience(オンライン版)に掲載される。この発見は、海洋生態系に与える海洋酸性化の影響が現れ始めていることを示唆している。

Geraint Tarlingたちは、南極を取り囲む南洋の表層水中の生きた軟体動物から収集された殻を調査した。海洋でより酸性化が進んだ地域からの殻の試料は、顕著な溶解の徴候を示していた。研究者は、溶解は深部の二酸化炭素に富んだ水と大気中の二酸化炭素の影響を受けた表層水の混合が原因と考えている。

関連するNews and Viewsの記事で、Justin Riesは報告された腐食は「南洋の大部分の領域で表層水に起こりうることの前触れとなっている可能性がある」と示唆している。

Shells of live molluscs from the Southern Ocean are showing signs of severe dissolution, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that the effects of ocean acidification on marine ecosystems are beginning to emerge.

Geraint Tarling and colleagues examined shells collected from live molluscs in the surface waters of the Southern Ocean, which circles Antarctica. Shells sampled from more acidic regions of the ocean showed significant signs of dissolution. The researchers attribute the dissolution to the mixing of deep carbon-dioxide-rich waters with surface waters affected by atmospheric carbon dioxide.

In an accompanying News and Views article, Justin Ries suggests that the corrosion documented "may be a harbinger of what is in store for surface waters throughout much of the Southern Ocean".

doi: 10.1038/ngeo1635

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度