Research press release

高いところの二酸化炭素

Nature Geoscience

Carbon dioxide on high

過去8年間の間に、大気最上層における二酸化炭素濃度は増加していると、今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された論文が報告している。増加は、人工衛星と宇宙ゴミに対する大気上層の引力が最近減少しているという報告を説明することができる。

二酸化炭素は地球の表面の温度を上げるが、高度約50 kmより上層では大気を冷却し、上層大気密度を減少させ、地球を周回している人口物体に対する引力を減少させる。John Emmetらは、人工衛星データを用いて2004年から2012年の間で高度101 kmにおける二酸化炭素濃度の変化を評価した。彼らは、二酸化炭素濃度がこの期間には、おそらく大気の混合と輸送の増加のために顕著に上昇したことを示している。

関連するNews & Viewsの記事でStefan Noelはこの発見が「人類起源の二酸化炭素放出が大気最上層に与える影響を垣間見る機会を与える」と示唆している。

Carbon dioxide concentrations have increased in the uppermost reaches of the atmosphere over the past eight years, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The increase could explain a recently reported reduction in upper atmospheric pull on satellites and space debris.

Although carbon dioxide warms the surface of the Earth, it cools the atmosphere above an altitude of about 50 km, reducing upper atmospheric density and thus the pull on man-made objects orbiting the Earth. John Emmert and colleagues used satellite data to assess changes in carbon dioxide concentrations at an altitude of 101 km between 2004 and 2012. They show that carbon dioxide concentrations rose significantly over this time frame, potentially due to an increase in atmospheric mixing and transport.

In an accompanying News and Views article, Stefan Noel suggests that the finding “provides a glimpse into the impact of anthropogenic carbon dioxide emissions on the upper reaches of the atmosphere”.

doi: 10.1038/ngeo1626

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度