Research press release

圧力を受ける海洋

Nature Geoscience

Oceans under pressure

主として亜熱帯の砂漠の位置と熱帯サイクロンの軌跡を決めている高気圧系は今世紀に強化が始まると今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された研究が報告している。この発見は、来世紀には地域的な気候に対して亜熱帯高気圧がますます重要な役割を果たしうることを示唆している。

Wenhong Liたちは気候モデルのシミュレーションを用いて、北半球の海洋にわたる夏季亜熱帯高気圧の将来の強度変化を評価した。彼らのシミュレーションによると、この高気圧系は温室効果ガス濃度増大の結果として21世紀に強化されることが予測されている。彼らは、陸地と海の間で温度の違いが増大することはこの強化が原因であると示唆している。

High-pressure systems that largely determine the location of subtropical deserts and the tracks of tropical cyclones are set to intensify this century, as reported in a study published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that subtropical highs could play an increasingly important role in regional climate in the coming century.

Wenhong Li and colleagues used climate model simulations to assess future changes in the strength of summertime subtropical highs over the Northern Hemisphere oceans. According to their simulations, these high-pressure systems will intensify over the twenty-first century as a result of increasing greenhouse-gas concentrations. They suggest that an increase in the land-sea thermal contrast is responsible for this intensification.

doi: 10.1038/ngeo1590

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度