Research press release

永久凍土の炭素

Nature Geoscience

Permafrost carbon

解凍した永久凍土から放出された炭素は、人工的な放出が低いシナリオの場合でさえも顕著な温暖化をもたらすと今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された研究が報告している。

永久凍土土壌は大気のほぼ2倍の炭素を保持している。気候が温暖化すると、この炭素のある部分が大気へと移動する。Andrew H MacDougall等は全球気候モデルを用いて、将来の温室効果ガス放出の想定される範囲内における永久凍土からの炭素放出の大きさと関連する温暖化を評価した。彼らは、永久凍土からの炭素放出は、人工的な放出がたどる道筋によらずに2300年までに0.13から1.69℃の付加的な温暖化をもたらす可能性があることを示している。

Carbon released from thawing permafrost could lead to significant warming, even under low anthropogenic emissions scenarios, reports a study published online this week in Nature Geoscience.

Permafrost soils contain almost twice as much carbon as the atmosphere. As the climate warms, some of this carbon will be transferred to the atmosphere. Andrew H. MacDougall and colleagues used a global climate model to assess the magnitude of permafrost carbon release, and associated warming, under a range of future greenhouse gas emissions pathways. They show that permafrost carbon release could lead to an additional warming of 0.13 to 1.69 °C by 2300, independent of the anthropogenic emissions pathway followed.

doi: 10.1038/ngeo1573

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度