Research press release

湿潤な火星の再検討

Nature Geoscience

Moist Mars revisited

火星の粘土は水を豊富に含む溶岩流から形成された可能性があると、今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された研究が報告している。この発見は、この粘土が火星初期に温暖で湿潤な気候が存在した証拠を提供するという示唆に対して異議を申し立てるものである。

Alain Meunier等は、フレンチポリネシアで水を含んだ溶岩から直接形成された粘土鉱物の分光特性を分析した。彼らは、粘土の分光特性はマーズ・リコネッサンス軌道船が測定した火星の粘土のものと似ていることを示した。この発見は、火星の粘土がこれまで考えられていたように表面の岩石が液体の水により風化を受けて形成されたのではなく、水を含んだ火山の溶岩から形成された可能性があることを示唆している。火山性の起源に対するさらなる証拠は、火星の粘土と火星表面の溶岩流、および地球で見つかった火星起源の隕石の粘土鉱物化学組成との間に関連性があることからも提示されている。

関連したNews and Viewsの記事でBrian Hynekは次のように書いている、「このような結果は、初期の火星は地球の生命が確立した時期にはこれまで考えられていたように住むのに適した環境ではなかった可能性があることを示唆している。」

Martian clays may have formed from water-rich lava flows, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings challenge the suggestion that these clays provide evidence for a warm, wet climate on early Mars.

Alain Meunier and colleagues analysed the spectral characteristics of clay minerals formed directly from water-rich lavas in French Polynesia. They show that the spectral characteristics of the clays are similar to those of martian clays, as measured by the Mars Reconnaissance Orbiter. The findings suggest that the martian clays may have formed from water-rich volcanic lavas, rather than from the weathering of surface rocks by liquid water, as previously assumed. Further evidence for a magmatic origin comes from the association of martian clays with lava flows on the surface of Mars, and the chemical composition of clay minerals in martian meteorites found on Earth.

In an accompanying News and Views article, Brian Hynek writes that “such a result would imply that early Mars may not have been as habitable as previously thought at the time when Earth’s life was taking hold.”

doi: 10.1038/ngeo1572

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度