Research press release

氷河下の振動

Nature Geoscience

Sub-glacial shake-up

2002年と2003年の間の9か月にわたり、南極氷河の下で急速に連続して数千回の地震が起きていたという報告が、今週号のNature Geoscienc(オンライン版)に掲載される。この発見は、潮汐運動が氷河下の地震活動に影響を及ぼしうることを示唆している。

Lucas Zoet等は、2002年と2003年の間に収集されたデータを用いて、東南極にありロス海へと流れ込んでいる巨大な氷河の下の地震活動を解析した。彼らは、この期間に約25分間の規則正しい間隔で起きている約2万個の地震を同定した。地震のマグニチュードは典型的な氷河下地震と比べると大きい。研究者等は、岩石の粗い部分の上を通る氷河の動きが顕著な氷河下地震を生成すると示唆している。彼らはこれらの地震の規則性は氷河の動きが海洋潮汐によって調節を受けたことが原因としている。

Thousands of earthquakes occurred in rapid succession under an Antarctic glacier over a nine month period between 2002 and 2003, reports a study published online in Nature Geoscience this week. The findings suggest that tidal motion can influence sub-glacial seismicity.

Lucas Zoet and colleagues analysed seismic activity under a large glacier in East Antarctica that drains into the Ross Sea, using data collected between 2002 and 2003. They identified about 20,000 seismic events during this period, which occurred at regular intervals about 25 minutes apart. The magnitude of the shaking was large, compared to typical subglacial quakes.

The researchers suggest that the movement of the glacier over a rough patch of rock generated the significant sub-glacial shaking. They attribute the regularity of these events to the modulation of glacier movement by ocean tides.

doi: 10.1038/ngeo1555

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度