Research press release

焼き畑農業の遺産

Nature Geoscience

Slash and burn legacy

かつてブラジルの広い地域を覆っていた残存森林生物群は大量の木炭としての炭素を毎年海洋に供給し続けていると、今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された研究が報告している。深海に入ると木炭の炭素の大部分は分解に抗して、数百年から数千年の時間スケールで大気へと放出される。

焼き畑農業により破壊されるまでは、ブラジルの大西洋岸森林は地球上で最大の熱帯森林生物群の一つであった。Thorsten Dittmar等は土地被覆の過去の記録を人工衛星データと併せて、16世紀に始まり1973年に終わったこの生物群の燃焼により生成された木炭炭素の量を評価した。彼らは、燃焼は2億から5億トンの木炭炭素を生成したと見積もっている。この地域を流れる河川での測定は、この木炭炭素のかなりの量が毎年海洋へ輸送され続けていることを示している。

A relict forest biome, once covering a large tract of Brazil, continues to export significant quantities of charred carbon to the ocean each year, reports a study published online this week in Nature Geoscience. On entering the deep ocean, charred carbon remains largely resistant to degradation, and release into the atmosphere, on timescales of centuries to millennia.

Before being destroyed by slash and burn practices, Brazil’s Atlantic Forest was one of the largest tropical forest biomes on Earth. Thorsten Dittmar and colleagues combined historical records of land cover with satellite data to assess the amount of charred carbon generated by the burning of this biome, which started in the sixteenth century and ceased in 1973. They estimate that burning generated 200-500 million tonnes of charred carbon. Measurements from a river draining the region show that significant quantities of this charred carbon continue to be exported to the ocean each year.

doi: 10.1038/ngeo1541

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度