Research press release

チベット東部の初期のパルス的成長

Nature Geoscience

Early and pulsed growth of eastern Tibet

約3千万年前にインドとアジア大陸が衝突した初期の段階にチベット高原の東縁には高山地形が存在していた可能性があると、今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が示唆している。これまでは、チベット東部の大部分にわたる高山地域は1500万~1000万年前に発達したと考えられてきた。

Erchie Wang、Eric Kirby等は、チベット東部の地形の成長の年代を、温度の低い地球表面に露出した岩石が山地で浸食されたことによる岩石の冷却年代を分析することにより決定した。初期の定常的な地形の成長が起きた後に、高原の縁は二つのパルス的な山脈形成事象の間に成長した。著者等は、この長期にわたる間欠的な山脈成長の性質は、チベット東部の高山地形を構築するには二つの異なった物理的メカニズムがあったことを示している可能性があることを示唆している。

High topography may have existed at the eastern margin of the Tibetan Plateau during the early stages of collision between the Indian and Asian continents about 30 million years ago, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. Previously, the high elevations across much of eastern Tibet were thought to have developed just 10 to 15 million years ago.

Erchie Wang, Eric Kirby and colleagues dated episodes of topographic growth in eastern Tibet by analysing the timing of rock cooling caused as erosion in the mountains exhumed rocks toward the cool Earth surface. After an initial, early period of steady topographic growth, the plateau’s margin later grew during two rapid pulses of mountain building. The authors suggest that this prolonged and episodic nature of the mountain growth may indicate that two different physical mechanisms helped to build the high topography in eastern Tibet.

doi: 10.1038/ngeo1538

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度