Research press release

初期地球の火山性硫黄

Nature Geoscience

Volcanic sulphur on early Earth

35億~32億年前に起きた強力な火山活動の爆発によって大気中に大量の二酸化硫黄が放出されたと、今週号のNature Geoscience オンライン版に発表された論文が報告している。これらの二酸化硫黄エアロゾルが紫外線放射により分解したことにより、この時代の岩石から報告されている硫黄同位体の異常な傾向を説明することができる。

Pascal Philippot等は、南アフリカに堆積した35億年の年代を持つ火山灰堆積物の硫化物で硫黄同位体の値を測定した。この地域で同時代にできた硫酸塩の同位体組成と比較すると、紫外線放射により変成した火山性硫黄生成源と考えると最もよく一致する。彼らは、彼らが検出したパルス的火山活動は、大陸地殻の成長の主要な事象と関連があると示唆している。

Intense bursts of volcanic activity between 3.5 and 3.2 billion years ago delivered massive quantities of sulphur dioxide to the atmosphere, suggests a paper published online this week in Nature Geoscience. The breakdown of these sulphur dioxide aerosols by UV radiation can explain the unusual sulphur isotope trends reported from rocks of this age.

Pascal Philippot and colleagues measured the sulphur isotope values of sulphides in 3.5-billion-year-old volcanic ash deposits from South Africa. A comparison with the isotopic composition of co-occurring sulphates in this region is most consistent with a volcanic sulphur source that was altered by UV radiation. They suggest that the pulses of volcanic activity they detect were related to a major episode of continental crust growth.

doi: 10.1038/ngeo1534

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度