Research press release

最終的に炭素は台風で収納される?

Nature Geoscience

Carbon storage by typhoons?

熱帯サイクロンは大気中の二酸化炭素を長期間にわたり深海に堆積物として輸送する上で重要な役割を果たしている、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。この炭素封鎖の全球的な重要性はまだ評価されていないが、この炭素循環における関連性は、将来の熱帯サイクロンの頻度や強度変化に極めて敏感であると考えられる。

R Hiltonらは、熱帯サイクロンが引き起こした洪水時の台湾の立露渓における堆積物組成を分析し、河川中の年代の若い有機炭素組成(すなわち最近大気から取り込まれた炭素)を定量化しようと試みた。数十年にわたる河川浸食を調べて、著者は、この炭素の80~90%はサイクロンによる洪水で輸送されたと見積もっている。

この発見は、台風の頻度と強度が陸上の年代の若い有機炭素を海へ輸送することに強い影響を与えることを示唆している。そのような密度の濃い、堆積物をたくさん運ぶ洪水は深海まで到達することがよくあり、長期にわたり炭素を埋設するメカニズムを提供しうることになる。

Tropical cyclones could have a significant role in the transfer of atmospheric carbon dioxide to long-term deposits in the deep ocean, suggests research online this week in Nature Geoscience. The global importance of this carbon sequestration remains to be assessed, but this link in the carbon cycle will be highly sensitive to any future changes in the frequency or intensity of tropical cyclones.

Robert Hilton and colleagues analysed the sediment composition of Taiwan’s LiWu river during periods of flooding induced by tropical cyclones, seeking to quantify the proportion of young organic carbon in the river ? that is, carbon recently taken up from the atmosphere. By looking at decades of river erosion, they estimate that 80?90% of this carbon is transported during cyclone-induced floods.

The findings suggest that both the frequency and intensity of typhoons can strongly affect the seaward transport of terrestrial young organic carbon. Such dense, sediment-laden floods are often injected directly into the deep ocean, potentially providing a mechanism for long-term carbon burial.

doi: 10.1038/ngeo333

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度