Research press release

三角州の復元

Nature Geoscience

Delta restoration

2011年の洪水の際にミシシッピ川からボンネ・キャレ放水路へ堆積物を含んだ水が迂回して流れたことは、河川の迂回路はルイジアナ州の後退した海岸線に沿って新しい土地を構築することに役立つ可能性があるとNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。ボンネ・キャレ放水路は、現在洪水であふれた水をミシシッピ川から近傍の湖へと迂回させており、2011年の洪水の際にニューオリンズへの浸水を防ぐために作られた。

Jeffrey Nittrouer等は、2011年ミシシッピ川洪水の後にボンネ・キャレ放水路に堆積した堆積物の厚さと面積を調べた。彼らは、放水路が流れの最上層を吸い上げているにもかかわらず、河川が運ぶ砂の30%以上を迂回させていたことを示している。彼らは、放水路の河川の形に対する相対的位置により、新しい土地を構築するために必須な砂をより多く河川から運ぶことが出来たと示唆している。

この発見は、設計された河川の迂回は新しい土地の開発を促進することが出来ることを示している。

The diversion of sediment-laden waters from the Mississippi River to the Bonnet Carre Spillway during the 2011 flood suggests that river diversions could help build new land along Louisiana’s retreating coastline, reports work published online in Nature Geoscience. The Bonnet Carre Spillway currently diverts floodwaters from the Mississippi River to a nearby lake, and was opened during the 2011 flood to prevent inundation of New Orleans.

Jeffrey Nittrouer and colleagues examined the aerial extent and thickness of sediments deposited in the Bonnet Carre spillway following the 2011 Mississippi River flood. They show that, despite the spillway only siphoning off the uppermost part of the flow, over 30% of the river’s sand load was diverted. They suggest that the location of the spillway relative to the river’s shape caused more sand - essential for building new land - to be carried off the river.

The findings suggest that engineered river diversions can aid in the development of new land.

doi: 10.1038/ngeo1525

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度