Research press release

泥炭の炭素損失

Nature Geoscience

Peatland carbon loss

水の損失は、泥炭地の浸食作用を悪化させ、その結果、地表の温度が上昇すると、より多くの土壌中の炭素が二酸化炭素として放出される、とNature Geoscience(電子版)の研究が示している。

泥炭地は、低温で大量の水を含んだ土壌中で炭素の分解速度が遅いために、大量の炭素を蓄えている。海洋研究開発機構の伊勢武史らは、土壌の物理-生物化学連結モデルを用いて、泥炭地の分解に対する地下水面の高さの効果を検証した。地下水面が下がると泥炭地の損失が増加し、さらに水の損失を強めるので、気候変動下では土壌の有機炭素の分解をかなり増加させる正のフィードバックを開始させる。長期にわたるシミュレーションでは、このようなフィードバックを含めた場合、実験的に摂氏4度温暖化させると浅い泥炭からは40%が、また深い泥炭からは86%の有機炭素が失われることがわかった。

Water loss will exacerbate peatland degradation, resulting in more soil carbon being released as carbon dioxide as surface temperatures rise, suggests a study online this week in Nature Geoscience.

Peatlands store large amounts of carbon owing to the low rates of carbon breakdown in cold, waterlogged soils. Takeshi Ise and colleagues use a soil physical?biogeochemical-coupled model to examine the effect of water table height on peatland decomposition. Lowering the water table increases peat loss, which further enhances water loss, setting in motion a positive feedback that significantly increases decomposition of soil organic carbon under climate change. In a long-term simulation, an experimental warming of 4 degrees Celsius causes soil organic carbon loss of 40% from shallow peat and 86% from deep peat, when these feedbacks are included.

◆国内著者連絡先:

伊勢武史(いせたけし)

独立行政法人 海洋研究開発機構

TEL : 045-778-5595

E-mail : ise@jamstec.go.jp

doi: 10.1038/ngeo331

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度