Research press release

北極での流出

Nature Geoscience

Arctic escape

北極では、メタン滲出源は後退する氷河と永久凍土が融解する地域との境界に沿って塊になっていると、今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が示している。

北極の永続的に凍結した大地と氷河は炭化水素貯蔵庫から漏れ出すメタンを閉じ込めており、大気への流出を抑制している。Katey Walter-Anthony等はアラスカとグリーンランドにおける天然のメタン滲出源の広がりと分布を現地での測定と航空機での調査により調べた。彼らは、15万個以上の滲出源を同定し、その大多数は氷河と永久凍土が融解している境界に沿っていることを見つけた。彼らは、氷河と永久凍土が将来に崩壊すると地下のメタンが大気へ放出することを助長すると示唆している。

関連するNews and Viewsの記事でGiuseppe Etiopeは「この発見は、固体地球物理過程が大気温室効果ガス収支に及ぼしうる影響の重要性を強調している」と書いている。

In the Arctic, methane seeps cluster along boundaries of glacier retreat and in regions of thawing permafrost, according to a study published online this week in Nature Geoscience.

Perennially-frozen ground and glaciers of the Arctic trap methane leaking from hydrocarbon reservoirs, restricting the flow to the atmosphere. Katey Walter-Anthony and colleagues examined the prevalence and distribution of natural methane seeps in Alaska and Greenland, using ground-based measurements and aerial surveys. They identified over 150, 000 seeps, the majority of which where found along boundaries of glacier and permafrost melt. They suggest that future disintegration of glaciers and permafrost could facilitate the expulsion of subsurface methane to the atmosphere.

In an accompanying News and Views article, Giuseppe Etiope writes “The findings emphasize the potential significance of solid Earth geophysical processes to the atmospheric greenhouse gas budget “.

doi: 10.1038/ngeo1480

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度