Research press release

予想外の炭素吸収源

Nature Geoscience

Unexpected carbon sinks

地衣類、菌類および藻類のような生物の活動は、大気中の窒素をほとんどの植物が利用できる化学物質の形態へ陸上で変換する量のほぼ半分を説明できると、今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。生物が利用できる窒素は植物成長を阻害することがあるので、この過程は植物による炭素封鎖にとってはきわめて重要となり得る。

Ulrich Poeschl等は、地衣類、菌類および藻類のような太陽光の助けにより無機物から自信の食物を合成する生物の空間分布について公表されたデータを再解析した。生態系の範囲内における炭素と窒素流量に関するデータ解析に基づいて、彼らはこれらの生物が、窒素循環に対する役割に加えて、陸上の植生における一次生産の約7%に寄与していると見積もっている。

Activity by organisms such as lichens, fungi and algae accounts for nearly half of the land-based conversion of atmospheric nitrogen into a chemical form that is useable by most plants, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Because bio-available nitrogen often limits plant growth, this process could be crucial for carbon sequestration by plants.

Ulrich Poeschl and colleagues re-analysed published data on the spatial coverage of organisms that synthesize their own food from inorganic substances with the help of sunlight, such as lichens, fungi and algae. Based on their analysis of data on fluxes of carbon and nitrogen in a range of ecosystems, they estimate that these organisms contribute about 7% of the net primary production of the terrestrial vegetation, in addition to their role in the nitrogen cycle.

doi: 10.1038/ngeo1486

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度