Research press release

北大西洋の嵐の激しさに対する海洋の役割

Nature Geoscience

The ocean’s role in North Atlantic storminess

北大西洋の嵐の進路は人類起源の温室効果ガス放出に応答して、海洋循環の変化に強く影響を受けると今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。この発見は、海洋循環をよりよく理解することが、西ヨーロッパにまで到達することが予想されている今後の北大西洋の嵐の進路を予測する上での不確かさを低減する上で役立つことを示している。

Tim Woolings等は、21世紀に対する複数の気候モデルシミュレーション集団を解析した。彼らは、人類起源の温室効果ガス放出に応答して(他の地域では、嵐の進路が極向きに変化することとは明らかに異なって)北大西洋の嵐の強化と進路が東向きに拡大することが、大西洋の逆転循環の変化により形成されることを見つけた。彼らは、海洋逆転循環は北大西洋の嵐の進路と密接な関連があると結論している。

The response of the North Atlantic storm track to human-induced greenhouse gas emissions is strongly affected by changes in ocean circulation, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings indicate that a better understanding of the ocean circulation would help reduce uncertainties in the future evolution of the North Atlantic storm track - which has been projected to extend further towards western Europe.

Tim Woollings and colleagues analysed an ensemble of coupled climate model simulations for the twenty-first century. They found that the strengthening and eastward extension of the North Atlantic storm track in response to human-induced greenhouse gas emissions - markedly different from the poleward shift of storm tracks in other regions - is shaped by changes in the Atlantic overturning circulation. They conclude that the oceanic overturning circulation is closely linked to the North Atlantic storm track.

doi: 10.1038/ngeo1438

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度