Research press release

より同時に起きたアフリカの分裂

Nature Geoscience

A more synchronous African split

現在進展している東アフリカの伸張と断裂は、さらに長く続き後半に広がった可能性があると今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。

Eric Roberts等は、東アフリカで火山灰堆積物の年代を用いて変化が生じた正確な時期を決定することで、流路のパターンと地形の発達を再現した。現在はアフリカ東部は、大陸の残りの部分から分裂しているが、分裂は東側と西側の二つの領域に分割されている。東側の領域に沿った地殻の伸張と沈降は西側の領域よりも数百万年早く始まったと考えられている。しかしながら、データはその地域の河川は逆向きになっていて、約2500万年前に東部で沈降と伸張があった時と同時期には、西側で地殻の沈降により形成された湖を満たし始めていたことを示している。

このデータは、アフリカ東部の断裂は西側領域の分裂とほぼ同時期だった可能性があることを示唆している。A more synchronous African split

The stretching and break-up of east Africa, a process that is ongoing, could have been prolonged and widespread, reports a study published online this week in Nature Geoscience.

Eric Roberts and colleagues reconstruct changes in drainage patterns and landscape development in east Africa, using dated volcanic ash deposits to help determine the precise timing of any changes. Eastern parts of Africa are today breaking away from the remainder of the continent, but the split divides into two segments - an eastern and a western branch. Stretching and sinking of the crust along the eastern branch was thought to have begun millions of years before the western branch. However, the data show that rivers in the area had reversed direction and begun to fill lakes created by the sinking crust in western parts before about 25 million years ago - a time coincident with sinking and stretching in the east.

The data imply that the initiation of break-up of eastern Africa could have been broadly synchronous with that of the western branch.

doi: 10.1038/ngeo1432

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度