Research press release

北極海からのメタン放出

Nature Geoscience

Methane emissions from the Arctic Ocean

北極海の表面水はメタンの重要な発生源になり得ると今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。メタンは有力な温室効果ガスであり、その収支は将来の気候変動をモデル化する際の不確定性の原因として重要である。

Eric Kort等は陸から離れた北極海上の大気中メタン濃度を北緯82°まで測定した。彼らは、海洋表面に近いところで高い濃度を検出し、シベリア沿海で見られるのと等価な海洋発生源となることを示唆している。高い濃度が観測されたのは海氷の隙間であり、部分的に海氷が覆っている地域であった。

研究者は北極海が機構に敏感で重要なメタン発生源となっている可能性があると示唆している。

The surface waters of the Arctic Ocean could represent an important source of methane, reports a study published online in Nature Geoscience this week. Methane is a potent greenhouse gas, and its budget is a key source of uncertainty in the modelling of future climate change.

Eric Kort and colleagues measured atmospheric methane concentrations over the remote Arctic Ocean, up to latitudes of 82° north. They detected high concentrations of methane close to the ocean surface, indicative of an oceanic source equivalent to that seen on the Siberian shelf. High concentrations were found over openings in the sea ice and in regions of fractional sea-ice cover.

The researchers suggest that the Arctic Ocean could represent an important and climatically sensitive methane source.

doi: 10.1038/ngeo1452

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度