Research press release

月は主に地球物質で作られているか?

Nature Geoscience

Is the Moon largely made of Earth material?

月の大部分を形成している物質は初期の地球から来たと、今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。この発見は、月は初期地球に火星の大きさの物体が衝突して形成されたとする数値モデルと矛盾している。

Junjun Zhang等は月と地球試料のチタンの同位体的徴候を比較し、月の試料が宇宙線にさらされたことによる二次的変成の補正を施した。彼らは、地球のチタン同位体の徴候は、月のものと4ppm以内で同一であることを見つけた。火星の大きさの物体は同位体的には異なっていると考えられるので、この測定は月が地球マントル由来の物質か、あるいは衝突後に激しい混合が起きたことを示唆している。

関連するNews and Viewsの記事でMatthias Meierはこの発見が「巨大衝突に関する今後の研究の焦点を物語の後半へと変更する」と示唆している。

A large part of the material that makes up the Moon came from the early Earth, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings are in contradiction to numerical models of the formation of the Moon by the impact of a Mars-sized object with the early Earth.

Junjun Zhang and colleagues compared the isotopic signature of titanium in lunar and terrestrial samples, and corrected the lunar signature for secondary alterations associated with exposure to cosmic rays. They found that the isotopic titanium signature of the Earth is identical to that of the Moon within about four parts per million. Because the Mars-sized impactor is expected to have been isotopically different, the measurements suggest that the Moon is either made of material from Earth’s mantle, or that intense mixing occurred after the impact.

In an accompanying News and Views article, Matthias Meier suggests that this finding “shifts the focus of future work on the giant impact towards the later part of the story.”

doi: 10.1038/ngeo1429

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度