Research press release

2050年までに最大3度の気候温暖化

Nature Geoscience

Up to three degrees of climate warming by 2050

2050年までの気候温暖化は、中規模で削減のない温室効果ガス排出シナリオでは1.4から3℃になるだろうと、今週号のNature Geoscience onlineに発表された研究が報告している。この値の幅は、おおむね気候変動に関する政府間パネルの専門家による評価と一致するが、観測された温度変化と一致する数千の異なった気候モデルシミュレーションに基づいたものである。

Daniel Rowlands等は、気候モデルの大集団からなる過去と現在の気候変動シミュレーションを、を過去50年にわたる地域的な温度変化を一致させるという手法により選別した。過去の温暖化を現実的にシミュレーションできるモデルが将来の温暖化予測に対しても最適な候補となり得るという仮定に基づいて、著者等は2050年までの気候温暖化は1960-1990年の平均と比べて3℃上昇すると結論しており、気候温暖化の「予想される幅」に対して上限を与えている。

関連するNews and Viewsの記事で、Issac HeldはRowlands等の「摂動を与えた大量の物理モデル集合は、将来の気候変動の解析をする上で有効な資源となる」と述べている。

Climate warming by 2050 is likely to be between 1.4 and 3 °C under a mid-range, no-mitigation scenario of greenhouse gas emissions, reports a study published online this week in Nature Geoscience. This range is broadly consistent with the expert assessment of the Intergovernmental Panel on Climate Change, but is based on simulations with several thousand distinct climate models that are consistent with observed temperature changes.

Daniel Rowlands and colleagues filter simulations of past and present climate change with a large ensemble of climate models according to their ability to match regional temperature changes over the past 50 years. On the assumption that models that simulate past warming realistically are the best candidates for future warming predictions, the authors conclude that a warming of 3 °C by 2050, compared with the 1960-1990 average, marks the upper end of the “likely range” of climate warming.

In an accompanying News and Views article, Isaac Held says that Rowlands and colleagues’ “massive perturbed physics ensemble is a valuable resource for further analysis of climate change.”

doi: 10.1038/ngeo1430

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度